会社概要

代表挨拶


合同会社システムクリエーション
代表 酒井 将之
弊社は、開き扉用自動ドア装置(スイングドアオペレーター)専門会社として、販売から施工までを手掛けております。
かれこれ9年前ほど前、私が「スイングドアオペレーター」を始めて見たときは、今まで見たことのない装置に衝撃を受け、驚きつつもすごく惹かれたことを覚えています。
最初は、販売元の杉田エース社に技術サポートとして、2年ほど携わってきました。営業の方に同行したり、実機での検証やテストなどを繰り返すうち、どんどんこの装置にほれ込みました。
現在は、弊社も正式な代理店として活動しており、この便利な装置(スイングドアオペレーター)を世に広めたいと考え、日夜努力しております。 スイングドアオペレーターとしは数ある製品の中でも当社が取り扱っている(独)ドルマ社の「ED-100」が最も優れていると確信しております。
(この装置を使い)たくさんの方に安全で快適な生活を提供し、企業様には業務改善や福祉などに役立て頂けると信じ、これからも、スタッフ一同なおいっそうの努力して参ります。
2019年10月5日

システムクリエーションの取り組み

システムクリエーションは、日本におけるスイングドアオペレーターの認知度を、一般的な自動ドア(引き戸)と同じくらいにしていきたいと考えて、日々努めています。このHPをご覧になり、少しでもスイングドアオペレーターについて、ご理解や関心が深まりましたら、ぜひお知り合いやお友達に教えてあげてください。貴方の周りにも、スイングドアオペレーターを必要としている方がいらっしゃるかもしれません。

弊社が販売しているスイングドアオペレーターは、ドイツ ドルマカバ社の製品です。
「ホテルのドアマンの代わりになる装置を」というのが開発コンセプトです。現在では、その装置は世界で年間10万台も販売されています。東京の半分の人口の香港でも年間1000台も設置されているそうです。

日本では、10年ほど前から販売されています。
最初は、有数の設計事務所などに紹介され、建築業界内で少しずつ知名度が上がってきました。その結果オフィスビルなどで使用され始めました。その用途は、車椅子の方々の職場環境の改善です。

その後、食品工場などでの設置が増えてきました。手を使わず出入りできるので衛生管理に優れているためです。衛生管理面が評価され、ホテルの厨房やトイレなどにも設置されるようになりました。
2年程前には、アミューズメントスペースのシアターの出入り口の大きな防音扉もこのスイングドアオペレーターで開閉している事例も出てきました。

そして現在では、マンションのエントランス、個人宅の玄関などにも使用されるようになって来ています。
システムクリエーションでは、今後個人のお客様向けのスイングドアオペレーターの普及にも力を注ぎます。毎日使う玄関をもっと便利にしていくことがバリヤフリーという面からも非常に重要だと考えています。

スイングドアオペレーターは、まだまだ高価な商品ですが周辺機器との連携や運用方法をきちんと構築することで少しでもコストダウンしながら、たくさんの方々に使っていただけるよう努力してまいります。興味を持って頂き、ご自身のみならず周りの皆様にもご紹介いただけたら幸いです。

会社概要

会社名 合同会社システムクリエーション
代表者名 酒井 将之
資本金 1,800,000円
設立 平成25年(2013年)6月
本社所在地 〒114-0014
東京都北区田端1-5-2 新井ハウス201
TEL TEL 03-5834-7281
事業内容 スイングドアオペレーターの販売・施工
主要取り引き銀行 三菱UFJ銀行
主要取引先 杉田エース株式会社・東京ADシステム・シーズンテック・東邦金属工業・DormaKaba(ドルマカバ)・東海ADシステム・九州ADシステム・FH企画


to top